Top > 雑木林

 

雑木林

きつねうどんについて

今日は遅めに事務所に行きました。

秋からの飽食と
年末年始でトレーニング不足の私は
おおよそ6キロ体重を減らすことにしました。

私にとって6キロ減らすのは
カンタンなことです。
何年か前には3ヶ月で25キロ以上
体重を落としたこともあります。
5キロ、8キロはあたりまえ。

いわば、
プロ級ダイエッターでございます。

ダイエットで一番重要なのは
決めたルールを守ることです。
たったそれだけです。

ルールを守るために
様々な気を配ります。
空腹な状態で寄り合いに出るのはやめよう、
四日後に結婚式があるから今週は週カロリーで調整しよう、
(日カロリー、週カロリー、月カロリー、と、
予定や忙しさにあわせて栄養を取るスパンを決める

考え方をします。)
昼時は仕事して一人で食べるようにしよう、
など、
様々な工夫をしてルールを守ります。

さて
今日は
遅めに事務所に行きました。
昼時を避けて、2時頃つきました。

事務所に着いたらUさんが
おいしい物を一皿平らげた直後でした。
脇にカラのきつねうどんのカップがありました。

私は「良かった、食べた後で・・・」と思っていたところ
Uさんは親切に

コーチャンマンもどうぞ  と

チヂミをくれました。

おいしいものの跡は、チヂミだったようです。

いや、今減量中だから・・・ と、それは遠慮しました。

人の好意を無にしないとルールを保てないからです。
親切な気持ちだけ受け取りました。
Uさんは申し訳ないと思ったか

すみません、減量中に・・・ と

すまなそうに言ってくれました。
ごめんね。気づかわせて。

そして私は今日の昼食のグレープフルーツとタンカンを
テーブルに出しました。

するとどうでしょう
カラかと思ったきつねうどんのカップでしたが
お湯を満たしたまま
3分間待機中の状態だったのです。
Uさんは
うれしそうにカップのふたを開け
ずるずると食べはじめました。

およよ
こりゃ目の毒だと思い
グレープフルーツに専念しようと
がんばりました。

しかし
きつねうどんの
だしの香りと
あたたかそうな湯気が
部屋に満ちて
それはもう
どく

さっき
すみません、減量中に・・・
とか
言ってたじゃんか。
なのに
うまそうに
ずるずる。

Uさんは悪くないです。

自分の都合で減量をして
人に気を使わせる私が悪い。

ごめんねUさん。





減量、ダイエット、などのご相談も
受け付けています。

私の方法だと
走ったり
泳いだり
歩いたり
しないです。
腹減ることはやっちゃだめです。

でも
やせます。

薬も使いませんし
ダイエット食やドリンクも必要ないので
お金もかかりません。

でも
もちろん
苦労はします。
ルールを守るのは大変ですから。

ご相談
お待ちしているかも。


DOLって何やさんだろう
ますますなぞは深まるばかり。