Top > 雑木林

 

雑木林

コーヒーの話

私は、コーヒーが大好き。

コーヒーには様々な効能があるけれど
さほど気にかけることもなく
コーヒーを愛飲している。

コーヒーは、銘柄よりも鮮度だと思う。
この飲み物は酒に好みがあるほどに
人それぞれの好みがあるようで
酸味を好む人もあれば
苦味そこ真髄という人もあり
いやフレーバーだ香りなのだと言い切る人もある。

インスタントで満足する人もあれば
ネルドリップのみをコーヒーと呼ぶ人もあり
ペーパードリップが好きな人や
コーヒーメーカーに任せる人も
水出しや
煮だしや
なんやかやと、またうるさい。

自分で豆をローストする人もいれば
とっくに挽いて店頭に並んでいるのを買う人もいれば
深炒りがどうだとか
浅炒りで細かいのがどうだとか
いろいろと気にかかることもある。

何が最高で
素晴らしいかは
その人が決めればいい。

豆にこだわっていると言っても
豆を栽培するところから始める人は
居ないだろう。
仮に居たとしても
この国の風土でどのような豆が育つのか
ちょとわからない。

身の丈や好みに合った
コーヒーの楽しみ方がよい。
背伸びして通ぶってもおサムいし、
こだわりや決め事がまったく無いのも
さびしい。
私はコーヒーに詳しいわけでもない。
知識技術ともに自己流でしかない。
それでも
どういうコーヒーをうまいとするか
大体のことは決めている。

私は
高校生の頃から
自室にコーヒー専用棚を作りつけて
エスプレッソマシンと
ペーパードリップの用具と
ケトル(つまりやかん)とカップを
管理していた。
そういう道具立てが好きなこともあるが
コーヒーを好きでいるスタイルに
若気の至りで酔いしれたかったことも
きっと関係ある。

その頃
バイトの帰り道に
洋酒などを輸入販売している店があった。
コーヒーの豆はしばらくそこで買い求め
その場で挽いてもらっていた。
銘柄は忘れたが
挽いてもらってすぐに
豆の入った紙袋に鼻をつけて
思い切り香りをかぐのが好きだった。
鼻が悪いわたしでも
鼻腔いっぱいに香りが広がり
どこかセクシャルな滋味も感じて
その香りが好きだった。
プライベートブランドのブレンド豆だったが
確か名前に
品のある女性を表した英語が付されていたと思う。
クイーンとかレディとかそういう文字が
あったような気がする。
その店ではもう取り扱っていないので
確かめようも無いが。

あまり若いもんに遺言を託すことは無いが
ひとつだけ
何年も前から託し続けている遺言は
「コーヒーの豆はケチるな」  だ。
コーヒーの豆そのものを指して言いながら
他の様々な意味も込めているつもりだが
どう捉えられているかはわからない。
言葉そのまま受け取り
困るくらいにたっぷりの豆を使った
苦すぎて濃すぎるコーヒーに
キャンプ場でたまに出会う。

コーヒーを飲みなさいと
若者に言っても
平気で
ティーバッグやココア粉末やなんかに
湯をそそいでいる。
いつかわかるときが来るさと
根も葉もない期待をしておいて、
またこだわって嫌われるのもかんばしくないので
看過している。

コーヒーと釣りと本があれば
老後は困らないと
若い頃から気づいていた私は
若者がページの進まぬ読書をする
雰囲気販売ス○○○ッ○○よりも、
スポーツ新聞と煙と
小さなテーブルで背を丸める○○ールのほうが
好きなようだ。

まだ書きたいことはあるけれど・・・


太ももがしびれたので
そろそろトイレから出ます。