Top > 雑木林

 

雑木林

デジカメ話

そして、
安いデジカメは
遠くから撮っても
暗いところで撮っても
なにしろ全てにピントが合ってしまう。
そういう仕組みだから仕方が無いけれど

フィルムを使うカメラであれば
被写界深度というものがあり
デジカメだとCCDのレンズの都合で
被写界深度が非常に深くなるのです。

被写界深度とは
簡単に説明すると
「ピントの合う範囲」です。
被写界深度が深いと
被写体を際立たせてまわりをぼかす
というような撮影はしにくく、
なんにでもピントが合ってしまうのです。

昨日お話しした
マクロ撮影技を使うと
被写界深度が浅くなりすぎて
ほんの数ミリ前後までにしか
ピントが合いません。

写したいものが際立ってきれいに見えますが
例えば下の写真ですと
左側のはなびらにはピントが合っていますが
右側にはピントが合っていません。
これは、花を縦に撮影したために
右と左では前後に距離があるためです。

もともとは直径が2cm程度の花なのに
私の安物技ではこれが限界ですが
これを生かして
細緻な部分だけが際立った写真が
撮れるのです。


さて
キャンプという
様々なものを映しこむシステムにも
被写界深度があります。
ものすごく複雑で
ものすごく情緒的なシステムなので
うまく説明できませんが
様々なドラマを撮影できる
大変すてきなシステムですので
時間をかけてお伝えします。