Top > 雑木林

 

雑木林

肉煮込みスタジアム

良いお肉屋さんが見つかった。

国産牛豚鶏が、安価で新鮮なお店。
食肉工場を持っていて、
裏からそのまま運んでくる感じ。

いろいろ、知らないお肉に出会う。
何しろ、安い。
100グラム30円の牛の落としから始まり
ナントカとかカントカとか
知らないモツがたくさんある。

まだ、赤身に筋や脂が混ざっているようなお肉にしか
手が出ないけれど、
買ってみては
煮込んでいる。

豚ウデ、豚スネ、牛カシラ、牛ホホ、牛ハツ、
ナントカランプ、牛スジなどが表記されているが
お店の人に説明を聞いてもすぐに忘れる。

七輪に湯を沸かし
まずはゴンゴンと1時間以上煮て
アクやら脂を出す。
うまみも出てしまうかも知れないけれど
そんなに根性のない肉ではないようで
1時間くらい全然平気。
よく煮たら、ざるにあけて洗ってしまう。

で、再度なべに入れて
本気で煮込み始める。
にんにくと酒をまず入れておいて、
柔らかくなるまで。

柔らかくなったら、
味見をして、
味付けを考える。

素直にカレーにしてもうまい。

味噌、生姜、胡麻油、という必殺技から
トマト、塩コショウ、にんにく、という得意技、
しょうゆ、砂糖、酒、という苦手技、
様々試して

肉煮込み中。