Top > 雑木林

 

雑木林

サマープロジェクト前半終了 いや 後半突入

7月20日から始まった、夏のキャンプたち。
そのほとんどをここまでに終えました。

あと三つとちょっとのキャンプが待っています。

師匠は
「キャンプはあと一日をもって半分とせよ」
と言います。
あと一日でキャンプを終えようという時に
ようやく半分来たと思えと。

最後の一日に気を抜かぬために、
一人ひとりに向けてやりのこしたことがあるなら
まだ間に合うからがんばるために、
撤収をもって終了とするなら
終わり間際のこの時こそ丁寧に過ごすために。

7月の半ばから今までで、
リーダーたちの成長しますし
もちろん私も成長します。
後半は力強くこの夏に培ったものを
存分に発揮して過ごすつもりです。

ご期待ください。

しかし
このブログ、
「夏の間は短めです・・・」などと書いていたのに、
短めどころかほとんど書くことはできませんでした。
やはり携帯からみちみち打つのは苦手でした。
その分、現場に集中していたと思っていただいて
まったく差し支えないです。

お盆には行事を入れていないのですが
休みという感じでもなく
今山ではリーダーたちが教室を建てる
キャンプ中です。

私はそのすきに
請求書や企画書や
溜めたメールの返信や
車の小修理や
バイクの鍵をなくしたので
新しい鍵を取り付けたり
コインランドリーで洗濯をして
ついでに靴も洗って
乾燥機にかけたら靴の中敷が
約3割くらい小さくなったので
新しい中敷を探したり
腕立て伏せや懸垂をしたり
考え事はもういいので
考えなくて済む
なるべく他愛の無い本を読んだり
九月の投網にどうやっていこうか
理由と方法を考えたり
教室の資材にどれくらい予算を割けるか
どんぶり勘定したり
どんぶりといえば
とんかつを食べたいと思ったり
6時に起きなくて済む方法を考え
結果として1時間半ごとに目覚めるという
まったく解決にならない状況を憂いたり
撮りためたデジカメの写真を
全て消去してしまって
がっくりうなだれながら
ウィンドウズの「ごみ箱」を
無駄に開け閉めしたり
そんなして過ごしています。

後半突入前にするべきことは
・周到でおおらかな食糧および物資準備
・スタッフの配置、組織図再構築
・とんかつを食べる
・くつの中敷さがし
が主となるようです。